飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの会社の数字ってどうなの?

 5月は3月決算の会社が多い関係で、たくさんの申告書を作成させて頂きました。

 うちの事務所では、申告書が出来上がると最終的な数字の報告をさせていただき、申告書にサイン及び押印をしてもらいます。

 その数字の報告をしたときに、よく社長さんに聞かれるのが
「決算の報告は良く分かりました。
それで、うちの会社の数字ってどうなんですか?
こんな質問です。

でも、この質問ってどうなんでしょう・・・・

 確かに、会計事務所ではたくさんの会社の数字の把握はしています。
 ですので、その業種の平均的な数字と比較して、その会社が良いのか悪いのかの意見は言えるのかも知れません。
 ですが、果たして社長さんはそんな意見が聞きたいのでしょうか?

そこで私は社長さんにいつも聞き返します
「社長さんは、今後会社をどうしたいのですか?」

 なぜこんな質問をするのかというと、その返事によって、その会社が必要としている利益が違ってくるからです。

例えば、売上げ1億円、役員報酬1200万円、当期利益200万円の会社があったとします。

A社長は、この売上げ、役員報酬、利益に満足しています。
この場合、私の意見としては、
「会社の売上げ、利益とも順調です」
こんな感じになるでしょう。

同じ条件でB社長は、支店を開設したいと思っています。
その資金として5年後に5,000万円の自己資金が必要です。
この場合、私の意見は
「会社の利益が今のままでは、とても支店を開設できる状態ではありません。
会社の利益を上げるため、売上げを上げるか、経費をへらすか何か方法を考えてください」
と、今度は同じ数字でも現状は良くないことを伝えます。

この2つの会社は何が違うのかというと

将来の目標(ビジョン)が違うのです

 そう、会社の数字が良いのか悪いのかは、会計事務所が判断することではありません。
その会社の社長が、自分の目標と比較して判断することです。

 
 自分の会社の目標を持っていない社長さんは、借入金の完済や10年後に1,000万円貯めるなど、どんな目標でもいいので、まずは目標を立ててください。
そして、その目標をクリアするように頑張ってみてください。
そうすれば、決算書の数字に対する考え方が変わってくると思います。

ブログランキング
参加しています。クリックが励みになりますm(__)m
スポンサーサイト
コメント
まいどお邪魔させていただきます!

実録系ブログは生々しくていいですね!
実際のやり取りで酒井さんのお仕事ぶりが
うかがえますね。

いい勉強になりました!

それでは失礼いたします。
ランキング応援させていただきます!
ポチッ!
2007/06/05(火) 18:42 | URL | 脱サラの星 #-[ コメントの編集]
実録のブログは書きやすいのですが、どうしても文章が長くなってしまうので、そこが悩みのタネです

ですが、少しでも読んでくれた人のためになるならいいのかなと思って書いています;;

もう少し、簡潔に書けるように努力します
2007/06/06(水) 09:42 | URL | 酒井 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。