飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝い金

 今朝の朝刊に、歌舞伎俳優の中村勘三郎さんが、東京国税局の税務調査を受け、2005年までの3年間に約7,000万円の申告漏れを指摘されていたという記事が載っていました。

 芸能人の申告漏れと言えば、少し前に林家正蔵さんの申告漏れの報道もありましたね。

 今回の報道を見て、二人に共通しているのは、二人とも祝儀などを申告していなかったという点です。

 では、この祝儀って税務上どんな取扱いになっているんでしょうか。

 ブログランキング
参加しています。クリックが励みになりますm(__)m 

 普通の人が受け取る祝い金といえば、結婚祝いや出産祝い、入学祝いなどがありますね。
 この場合の祝い金は、社会通念上相当であると認められる金額の範囲内であれば、課税されません。
 社会通念上という表現があいまいですが、通常の場合は相当高額でなければ税金が取られることはありません。
 なお、相当高額として課税される場合は贈与税が課税されます。

 では、今回の場合はどうなのか。
 申告漏れと指摘されたのは、襲名披露で受け取った祝儀となっていました。この場合の祝儀は、事業の遂行上付随して生じたものと考えられる(歌舞伎俳優をしていたからもらえる)ので、事業所得の総収入金額に含めて申告しなければいけないこととなっています。

 身近な例を出せば、お店の開店祝いや改築祝いで祝儀(金品)を受け取った場合などがこれに該当します。

 なお、物でもらった場合も収入として申告しないといけません。この場合の収入とする金額は、そのもらった物の通常売買される価額となります。
 ただし、相当高額でなければ、収入とされた金額と同額を消耗品などとして必要経費に算入することができるので、所得は発生しないこととなります。
スポンサーサイト
コメント
はじめまして!
はじめまして!水谷と申します。ブログランキングからお邪魔しています。
現在起業活動中の脱サラ親父です!

とても参考になるブログですね!
ご祝儀について勉強になりました。

ランキング応援させていただきます!ポチッ!
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。