飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人の決算期の決め方

 今日も一日3月決算法人の確定申告書の作成。
3月決算法人が多いので5月は忙しいですね。

 税理士からしてみると、1年は1月から12月まであるので、できれば1年間満遍なく分散してもらえるとありがたいのですが絵文字名を入力してください

 実際、3月決算にした法人の中には、大手の会社が3月決算が多いので、法人の決算は3月しか選択できないと思っていた人もいました。

 うちの事務所では、個人事業のときからずっと顧問させて頂いてる顧問先が法人企業にする場合には、一年のうちでその顧問先が暇な時期を決算期にしてもらっています。

 これは、
①決算期には棚卸しをしないといけない
②決算期にはいろいろな資料を揃えないといけない
③決算期が暇な時期ということは、決算期の少し前にはその事業年度の利益をほぼ把握でき決算期末到来前に節税対策をすることが可能
こんなところが理由です。

 新規に法人を設立する人は、上記のことを考慮して決算期を決めるといいと思います。また、決算期はいつでも変更できますので、現在の決算期を良く考えずに決めた人は見直すのもいいかもしれません。

ブログランキング
参加しています。クリックが励みになりますm(__)m
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。