飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税の納税義務

本日の業務
午前 業者との打合せ
午後 顧問先への巡回

 先日、知り合いの保険代理店さんから電話がありました

代理店さん
「消費税って、平成16年の売上が3,000万円以下なら平成18年って納めなくてもいいよね?」


「いいえ、消費税は平成15年に改正があって、平成17年からはその年の2年前の売上が1,000万円を超えてるなら消費税納めないといけません。だから平成16年の売上が1,000万円超なら、平成18年は消費税を納めないといけないですね」

代理店さん
「・・・・・。 じゃあ、やっぱり平成18年は消費税を納めないといけないんですね」


「そうです。どうかしたんですか?」

代理店さん
「実は・・・・」



ブログランキング2
参加しております。あなたのクリックが励みになりますm(__)m

代理店さん
「私の顧客から聞かれたんですが、つい先日税務署から消費税の申告書が出ていませんがどうしたんですか?って電話があったそうなんです。でも、その人は毎年確定申告を会計士さんに依頼しているそうで、今年も会計士さんに以来して確定申告したそうなんです。だから、どうしてそんな電話がかかってきたのかよく分からず、また会計士の先生には聞きづらいってことで私に電話があったわけです」


「以前からずっと、その会計士さんに頼んでたのですよね?」

代理店さん
「そうみたいです」


「なるほど。話を聞く限りは、その会計士さんのミスのように思えますが、一度その会計士さんに確認したらどうですか?」

代理店さん
「聞けるなら電話しませんよ」


「確かに・・・・。でも、税務署から電話がかかってきいるいじょうその先生にその旨を伝えるべきだと思いますよ」

代理店さん
「分りました。そう話してみます」

まぁ、こんな感じのやりとりでした。
ここで私が不思議に思ったことは、どうして依頼している会計士さんに聞けないのかってことです。
たぶん、会計士さんにこんなこと聞くと、「俺を信用できないのか」とか言う人なのかもしれませんが。
税理士業務は顧問先との信頼関係で成立します。何か疑問に思ったら、すぐに聞くのが一番です。
気軽に質問できる関係になってない人は顧問契約を見直したほうがいいかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。