飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都コンビニ納税白書

3月31日に東京都は、「東京都コンビニ納税白書」を発表しました。

東京都がコンビニ納税を平成16年4月に導入して4年。
現在のコンビニ納税の利用状況について書かれています。

『東京都コンビニ納税白書』の発行について(東京都)

記事の中の納税の現況を見てみると
・都税のコンビニ納税ができる都内店舗は、17チェーン、5,580店(平成20年1月現在)
・時間帯別納税状況では、金融機関の窓口時間(午前9時~午後3時)以外の早朝・夕方・夜間が過半数(50.3%)
一方、金融機関の窓口が利用可能な時間帯での利用も、ほぼ半数を占め、その身近さから利用者はコンビニ納税を選択している
・コンビニ納税1件当たりの平均支払金額は、36,930円
・収納手段全体に占めるコンビニ納税の件数割合は、20.7%(コンビニ納税の対象税目のみ)
自動車税(金額ベース)では、30.9%⇒徴収率の向上にも寄与


これを見ても分かりますが、やはりコンビニ納税はその利便性の高さが一番のポイントだと思います。
私も、銀行に行くより近いし、夜も受け付けてくれますからコンビニ納税は楽だな~と思っています。

ですが、ちょっと気になることもあります。
それが記事の中にあるコンビニ納税3つのポイント。

ポイント1 税金の期別(納付書)を明確にして、お支払いください。
・コンビニでは、支払内容を確認せず、バーコードを読み取るだけ(特に、固定資産税等の納付書の期別に注意してください)
・手持ち現金不足による納税の取り止めは、事故のもと(現金が不足しないようご用意ください)

ポイント2 領収証書を必ず受け取り、大切に保管してください。
・領収証書は、事件・事故に際して、納税を法律的に証明する大切な書類
・領収印の内容(日付、チェーン名、店舗名)を確認し、不明な時は、申し出る

ポイント3 レシートを必ず受け取ってください
・レシート発行は、同時に収納データをチェーン本部に配信させるため、事故防止に寄与


なんだか、これを読むとコンビニ納税はコンビニの店員の単なる作業ですので、最終的な責任は納税者本人が取ってくださいと書いてあるように感じるのは私だけでしょうか?

まぁ、公務員の信用も落ちている時代ですから自分のことは自分で守らないといけないのですかね絵文字名を入力してください

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
クリックするとこのブログのポイントが加算されます。
ランキングのアップは明日の記事への活力になります。
応援よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
コメント
ちわ(´∀`pq´∀`)ノ

考えてみたらコンビニの店員って覚えることメチャたくさんありそうですね・・。
σ☆☆
2008/04/07(月) 16:45 | URL | 美肌コスメを求めて♪あり #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。