飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年度改正事項の確認~減価償却~

今日も、3月以降に行う決算で特に注意する項目の一つである減価償却制度の改正について確認してみたいと思います。

減価償却は、平成19年度の改正により早期に1円まで費用化できるようになっています。

具体的な変更事項は

①備忘価格1円まで減価償却を行えるようになっている
減価償却資産についてこれまでは、取得価額の95%までしか費用化(減価償却)できませんでしたが、平成19年4月1日以後取得した資産については、備忘価格1円まで減価償却出来ることとなっています。

②新たな定率法(250%定率法)の導入
定率法の償却率が、定額法の償却率を2.5倍した率とすることとされました。これにより改正前よりも早期に減価償却費の計上をすることができるようになっています。

具体的にはこんな感じです
耐用年数  旧定率法償却率  新定率法償却率
 2年       0.684   →   1.000
 3年       0.536   →   0.833
 4年       0.438   →   0.625
 5年       0.369   →   0.500
(新しい償却率を用いて計算した償却費の額が一定の金額(償却保障額)を下回る場合には、下回った事業年度以後は備忘価格1円になるまで均等償却を行います)

③平成19年3月31日以前に取得した減価償却資産はどうなる?
平成19年3月31日以前に取得した減価償却資産は、帳簿価額が取得価額の5%に達っするまでは改正前の償却方法により償却します。
帳簿価額が取得価額の5%に達した翌事業年度からは、期首帳簿価額(取得価額の5%)を5年間で備忘価格1円になるまで均等償却することとなります。

なお、この5%相当額を5年で償却する規定の適用は、法人は平成19年4月1日以後開始する事業年度から適用されます。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
クリックするとこのブログのポイントが加算されます。
ランキングのアップは明日の記事への活力になります。
応援よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
コメント
ヽ(`・ω・)ノちは
毎年税法かわると税理士さんは大変ですね。

応援応援♪( ´∀`)σ
2008/03/25(火) 16:28 | URL | 美肌コスメを求めて♪あり #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。