飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現金出納帳の大切さ

今日は、一日中とある法人の領収書と格闘

その法人は、今期から関与ということで先日領収書の束を持ってきました

領収書の束と預金通帳しかないため

私「現金出納帳はありませんか?」

とたずねたところ

関与先「これまでも一度も現金出納帳はつけたことありませんよ」

私「・・・・・」

一体どうなるんでしょう


考えていても仕方ないので、とりあえず領収書の束と預金通帳とにらめっこ。

結局、一日かけてだいたいの資金の流れを把握して一日が終了。

税理士が一日何してるのか・・・。

せめて現金出納帳はつけてもらわないと、はっきり言って何もできません。

前の税理士さんはどんな指導してたのでしょうね。

他の会計事務所では、領収書の束から、現金出納帳や決算書を作成するところもあるようですが、うちの事務所では現金出納帳と預金出納帳は必ず本人に作成してもらいます。

なぜなら、
現金出納帳は毎日の現金の増減を記録し、現金の残高を確認する帳簿です

現金の残高は、それを管理している本人しか分からないですよね?

したがって、現金出納帳は会計事務所では絶対に作成できないのです。

仮に、現金出納帳を作成してくれる会計事務所があったとすれば、それは事実に基づかない帳簿を作っているということです。

特に、この現金出納帳は現金商売(飲食店や小売店など)では絶対にないと申告の時に大変です。

なにしろ現金の増減が記載されていない訳ですから、今日の売り上げもいくらなのか不明です。

中にはレジシートがあるから分かるという人もいます。

しかし、それで売上げが分かったとしても、本当にレジシートに打ち込んだだけの入金があったのかは分かりません。
もしかしたら、店員さんがレジからお金を抜いているかもしれません。
お釣りの間違いがあったのかもしれません。
現金の支払いをしてそれを忘れているかもしれません。

これで、どうやって正しい収入や経費が把握できるのでしょうか?。

正しい、収入や経費が把握できなければ、一体自分がいくら儲かっているのかも分からず、もしかしたら赤字が続いているのかもしれません。

また、現金出納帳を付けるということは、正しい申告をする為だけでなく、社内の不正を監視する役目もあるのです。

現金出納帳を付けたり、領収書や請求書を整理するのは面倒なことかもしれませんが、自分の為です。

面倒がらずに、必ず毎日つけてください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。