飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

e-Tax(電子申告)

今日は電子申告について少し考えてみたいと思います

このe-TAX、今税務署は一生懸命導入を勧めています

でも、全然普及しませんでした

なぜなら


今までは利用者にとってあまりにも不便だったから

インターネットで簡単に申告できますと言ってますが、まずは導入するまでが大変です。

①インターネットで申告できるようにする為の届出書の提出
②専用のソフトをインストールしないといけない
③電子証明書が必要(住基カードなど)
④電子証明書を読み込むためのICカードリーダーが必要(個人で購入しないといけない)
⑤医療費の領収書や社会保険料の控除証明書などの申告書に添付が必要な書類は税務署に郵送しなければいけない
⑥確定申告する人の中には、銀行からの借り入れがあるため、収受印の押してある申告書の控えが欲しい

上記のように納税者が負担しないといけない住基カードや、ICカードリーダーの代金、また証明書の郵送の手間などを考えれば、直接持って行った方が面倒じゃないのは明白です。

そこで、税務署が考え出したのが

①電子申告を税理士の署名だけで行えるようにし、納税者の負担をなくす
②電子申告した人は、平成19年又は平成20年の所得税を5,000円減らす(ただし、税理士による代理送信の場合は納税者の電子証明書が添付されている場合のみ控除できる)
③本来、郵送すべき書類を電子申告の人は3年間自己で保存することによって郵送の手間をなくす
④電子申告が行われた旨の証明書(電子申請等証明書)を発行

税務署もいろいろ考えていますが
税理士の立場から言うと、これでもなかなか普及しないと思います。

なぜなら、

①届出の手間やインストールの手間は今までと変わらない
②5,000円の控除も一度だけで、納税者が負担する機器代くらいにしかならない
③これはちょっと不明ですが、電子申請等証明書は発行手数料がかかると思われる

これなら、普通の人は、年に1回の申告しかしないのだから、今のままでいいよって思いますよね

基本的には、税理士が関与している人以外はほとんど普及しないと思っていますが、どうなるのでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
はじめまして

突然のコメント失礼致します。

私のサイトで、こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

http://blog.livedoor.jp/taxinfo/archives/53682564.html
2007/04/07(土) 18:53 | URL | 税金対策本部 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。