飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘年会と福利厚生費

早いもので、今年もあと2週間となりました。

この時期は忘年会などもありお酒を飲む機会がすごく増えますね。絵文字名を入力してください
飲む前にはウコンを飲むことをお勧めします(笑)
個人差がありますが、私の場合はウコンを飲むとほとんど二日酔いはありません。

話を戻して、今日は会社主催の忘年会の取扱いについて確認します。

会社で忘年会や新年会を行うことはよくあることです。

この費用ってどう処理すればいいのか?

まず、忘年会や新年会の費用は次の要件を満たせば福利厚生費と処理してかまいません。

①社員全員を対象とすること(やむを得ず参加できない人を除く)
②1人当たりの額が高額にならないこと
(社会通念上で判断しますが10,000円以下くらいが妥当なところではないかと思います)
③不参加者に現金を支給しないこと

まぁ、いたって普通の要件ですよね。
この要件をクリア出来ない場合には、その支出は交際費等に該当することとなります。

なお、2次会や3次会の費用は通常の場合には福利厚生費とすることはできません。
だって、2次会や3次会は行きたい人だけしか行きませんから。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
クリックするとこのブログのポイントが加算されます。
ランキングのアップは明日の記事への活力になります。
応援よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
コメント
~~~ヾ(^∇^)おはー♪
新年会や忘年会が経費になるってことは
どんな職業でもお酒代が福利厚生費でおちるってことですよね。なんか意外な感じでした。結構やさしいところがあるんですね~

応援♪♪♪
2007/12/19(水) 16:25 | URL | 美肌コスメを求めて♪あり #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。