飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配偶者控除の見直し

今日はニュースから

政府税調:「配偶者控除を見直し」改正答申の大枠決まる

内容的には、配偶者控除は女性の就労意欲を妨げる一因になっているとして、所得税にかかる配偶者控除を、廃止を含め見直すよう提言するとなっています。

まず配偶者控除とは、年収103万円以下(給与所得の場合)の配偶者がいる所得税納税者に対し、所得控除38万円が受けられる制度です。

この、控除を受けるために、パートの主婦らが年収を103万円以下に抑制する傾向があります。
(なお、勘違いしないでほしいのはこの制度は女性特有のものではなく、男性でも受けられます。)

ですが、個人的には配偶者控除が女性の社会進出を妨げているとは思っていません。

配偶者控除よりも問題なのは、社会保険の扶養の問題や、夫の会社から支給される配偶者手当でしょう。

社会保険の扶養は、配偶者の収入が130万円以上になると入れなくなります。これによる国民年金と国民健康保険の負担はかなりの額になります。(通常の場合年間20万円くらいはかかります)

また、会社によっては妻の収入が103万円未満の場合は配偶者手当を支給しますというところもあります。

これらと比べれば、配偶者控除なんてとても小さな金額です。
(夫の給料が相当高額なら、配偶者控除だけでも結構税金変わってきますが、そんな人はそもそも配偶者控除なんて気にしないです)

さらに、配偶者控除を受けている人の中には、病気でどうしても働けない人や、小さな子供がいたり親の介護をして働けない人もいます。
そんな人まで関係なく配偶者控除をなくすということになれば、やはり問題ですよね。

上記の問題が解決しない限り、配偶者控除の見直しは難しいでしょう。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
クリックするとこのブログのポイントが加算されます。
ランキングのアップは明日の記事への活力になります。
応援よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
コメント
ヾ(▽⌒*)ちわー♪
控除はできるだけ大きく、税金はできるだけ少なく、国や市町村による福利厚生は厚くっていうのが理想ですけど、なかなかうまくいかないもんなんでしょうね。
とりあえず彼らの無駄遣いは最優先でやめてもらいたいですが。応援♪♪♪
2007/11/15(木) 13:53 | URL | 美肌コスメ♪あり #-[ コメントの編集]
こんばんは。
私も社会保険の扶養家族にはとても不満があります。
年金財政が苦しい中、第3号の問題に手を付けないのはおかしすぎる!
専従者に対する国民年金と第3号の無保険料の矛盾です。
2007/11/17(土) 22:46 | URL | ハッピーさん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。