飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅借入金等(ローン)特別控除

今日は、年末調整における住宅借入金等特別控除のポイントを確認します。

住宅借入金等特別控除とは、
「マイホーム(新築・中古)をローンで購入した場合に、最長10年間又は15年間に渡って、年末の借入金残高に応じた金額を所得税額から控除出来る制度です。」

住宅ローン控除や住宅取得控除ともいいます。



まず最初に、今年になってマイホームを買ったという人は、年末調整で住宅取得特別控除を受けることはできません。
最初の年は、ご自身で確定申告をしないといけませんのでご注意ください。

したがって、年末調整で住宅借入金等特別控除を受けることができるのは2年目からとなります。

年末調整で住宅借入金等特別控除を受けるための必要書類
①税務署が発行する「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」及び「年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書
※控除申告書は初年度に確定申告をした後、まとめて税務署より送付されます。紛失した場合は、税務署で再発行を依頼します。
※既に年末調整で住宅借入金等特別控除の適用を受けた方で、翌年以後も同一の給与の支払者の下で年末調整によって控除を受ける方は、「年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書」の提出は省略できます。
なお、税務署から送られてきた控除申告書の、最初の年分の下半分が控除証明書となっています

②金融機関から交付を受けた「住宅取得資金にかかる借入金の年末残高等証明書
※金融機関が複数の場合は、全ての金融機関。
  ローンの返済予定表とかではダメですので注意

控除申告書の書き方は、下記リンク先でご確認ください(国税庁HP)。
設例1
設例2

次回は、税源移譲により年末調整で控除しきれなかった住宅借入金等特別控除の取扱いについて確認します。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
クリックするとこのブログのポイントが加算されます。
ランキングのアップは明日の記事への活力になります。
応援よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。