飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印紙税納めるのは誰?

前回のブログで、印紙税の基本を書いたら

コメントに質問がありましたので

今日は、この質問にお答えします。

質問
「3万以上の領収書をもらうときに印紙が貼ってないのがよくありますよね。
あれは自分で買って貼らないといけないんでしょうか?
でも消印は自分のはんこ?
相手に請求しなきゃいけないのかなあ。」

Q1.
 3万以上の領収書をもらうときに印紙が貼ってないのがよくありますよね。
 あれは自分で買って貼らないといけないんでしょうか?

A1.
 印紙税の納税義務者は課税文書を作成した人です。
 領収書は「お金を受け取りましたよ」という文書で、
 作成するのはお金を受け取った人ですよね。
 ですので、お金を受け取った人が納税義務者となり印紙を貼らないといけません。
 通常の場合、物を売ったお店の人が印紙を貼ることとなります。

Q2.
 でも消印は自分のはんこ?

A2.
 消印を押すのは課税分文書を作成した人です。
 「印紙を貼る人=消印を押す人」となります。

最後に、印紙を貼っていない領収書はがよくあったらダメですよね;;
たぶん、貼ってない領収書には「印紙税申告納付」と書いてないでしょうか?
この場合には、お店が印紙税をまとめて納付していますので、各領収書には印紙を貼っていません。

それ以外で貼ってなかったら、脱税に・・・絵文字名を入力してください
但し、金銭の受け渡しのない領収書(相殺の領収書)の場合には、その領収書に相殺したことが分かるような記載があれば、相殺した分は課税文書に該当しませんので印紙を貼る必要はありません。

印紙税って商売している人以外は良く知らない人も多いと思います。
(商売してても間違ってる人も結構います絵文字名を入力してください

基本だけでも覚えておくと、友達に自慢できるかも(笑

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
クリックするとこのブログのポイントが加算されます。
ランキングのアップは明日の記事への活力になります。
応援よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。