飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用保険、受給資格要件の変更

3回連続となりましたが、雇用保険の改正をもうひとつ。

今日で終わりですので、もう少しお付き合いをお願いします(笑

今回は、雇用保険の被保険者資格・受給資格の変更についてです。

変更点は次のとおり(平成19年10月1日から施行されます)

内容としては、これまで週所定労働時間によって一般被保険者(おもに正社員)と短時間労働被保険者(おもにパート・アルバイト)で被保険者資格・受給資格に差がありましたが、平成19年10月1日以後この区分がなくなり一本化されています。


①被保険者資格の一本化
これまでの週所定労働時間による被保険者区分を無くし一本化されました。
従って、一般被保険者・短時間被保険者の区分はなくなり、すべて一般被保険者となっています。

②受給資格要件の一本化
被保険者区分が一本化されたことにより、雇用保険の受給資格要件も一本化されています

(改正前)
・短時間労働者以外の一般被保険者
 離職の日以前1年間に被保険者期間が6ヶ月必要
 (賃金支払基礎日数が14日以上ものを1ヵ月として計算
・短時間労働者である一般被保険者(週所定労働時間20~30時間)
 離職の日以前2年間に被保険者期間が12ヶ月必要
 (賃金支払基礎日数が11日以上ものを1ヵ月として計算

(改正後)
 週所定労働時間の長短に係らず、離職の日以前2年間に被保険者期間が12ヵ月以上
 (賃金支払基礎日数が11日以上ものを1ヵ月として計算
 ※ 倒産・解雇等により離職された方は、離職の日以前1年間に6ヵ月以上
 注意:平成19年10月1日以降に離職した者が対象

改正で、一般被保険者は、以前より長い被保険者期間が必要になってますね。
これまは、6ヶ月継続勤務した後に退職すれば雇用保険の受給が出来ましたが、改正後は1年以上の勤務が必要となっています。
一般被保険者の人にとっては、少し受給しにくくなっているのではないでしょうか絵文字名を入力してください

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
クリックするとこのブログのポイントが加算されます。
ランキングのアップは明日の記事への活力になります。
応援よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
コメント
+。:.\こんにちは〈〃^∀^〃)ノ .:。+゜。
雇用保険の適用期間も短くなってるなんて知りませんでした。
一年以上になったことでもらえるひとがダイブ少なくなったんでしょうね。

応援♪( ^∀^)σ凸ぽちぽち。
2007/10/04(木) 17:13 | URL | 美肌コスメ♪あり #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。