飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育児休業給付制度

前回のブログで雇用保険の改正について書きました。

前回のブログ「教育訓練給付制度

これを見た顧問先より、

「他にも改正ありますか?」

と、問い合わせを受けましたので、今日は育児休業給付制度の改正についてご説明します。

まず、育児休業給付制度には

①育児休業期間中に支給される「育児休業基本給付金
②育児休業が終了して6か月経過した時点で支給される「育児休業者職場復帰給付金

の2つがあります。

簡単に説明すると
①の育児休業給付金は
雇用保険の被保険者が、1歳未満の子供を養育する為に育児休業をとった場合で、育児休業中に収入がないような場合には、雇用保険から給付金を出しますという内容です。
(要件等を正確にしりたい人は「ハローワークインターネットサービス」で確認してください)

②の育児休業者職場復帰給付金は
育児休業終了後引き続いて6か月間雇用された場合に支給されます。

次は、みなさんが一番知りたいと思われる給付額です(笑
これも簡単に説明します

①育児休業給付金については
支給対象期間(1か月)当たり、原則として
休業開始時賃金日額×支給日数の30%相当額

具体的には、育児休業前の1か月当たりの賃金が30万円の場合
育児休業基本給付金として、育児休業期間中の1か月当たり
30万円×30%=9万円
が支給されます。

②育児休業者職場復帰給付金については
休業開始時賃金日額×20%×育児休業給付金を受けた月数

具体的には、①の例で10か月育児休業給付金を受けていたとすると
30万円×20%×10ヶ月=60万円
が支給されます

で、今回の改正はどこかと言うと
育児休業者職場復帰給付金の計算式が
改正前
休業開始時賃金日額×10%×育児休業給付金を受けた月数
改正後
休業開始時賃金日額×20%×育児休業給付金を受けた月数
となっており、給付額が増えています。

政府もなんとか少子高齢化に歯止めをかけようと頑張っているようですが、果たして結果はどうなるでしょう。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
クリックするとこのブログのポイントが加算されます。
ランキングのアップは明日の記事への活力になります。
応援よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
コメント
+。:.\おはよーございます(`Д´)ノォ- .:。+゜。
働くままサンたちにとってはやさしい改正だったんですね。
いろんなところで認知されて、
女性が子供を生むことに関して、
もっと社会が積極的に関与することが広がればなあと思います。

応援♪( ^∀^)σ凸ぽちぽち。
2007/10/03(水) 11:15 | URL | 美肌コスメ♪あり #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。