飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒類販売業免許

数年前から愛知県にもセブンイレブンが進出し、
コンビニ間の競争も激化しているようです。

昔は、コンビニといえば、
町の小さな酒屋さんが業種変更で始めることが多かったですね。
これは、コンビニでお酒を売ろうとすれば「酒類販売業免許」が必要であり
酒屋さんはその免許を最初から持っていたので、
コンビニ各社から業種変更の依頼が多かったのが理由です。
(以前は、「距離基準」や「人口基準」などの規制があり、酒類販売業免許の要件が厳しかった)

では、この「酒類販売業免許」って、どこが交付するかしってますか?



(お酒を飲む前にウコンを飲むと、二日酔いが軽減されます(笑)
 ただし、個人差がありますので注意)
実は、この「酒類販売業免許」は

販売場の所在地の所轄税務署長が交付するんです。

お酒を売るのに免許が必要と知っている人は多いですが
免許を交付するのが税務署長と知っている人はほとんどいません。

国税庁:お酒についてのQ&A

実は、お酒を作るには江戸時代から免許が必要でした。
その後、明治時代に入り「酒造則」が設けられ、
昭和13年には「酒造法」等の改正によって販売免許制度が導入されたようです。

上記のことから、酒類販売業免許はもともと酒税の監視のためにできた法律ということになりそうですね絵文字名を入力してください

お酒くらい自由に飲ませて欲しいと思うのですが・・・

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
クリックするとこのブログのポイントが加算されます。
ランキングのアップは明日の記事への活力になります。
応援よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
コメント
こんばんわヾ(^▽^)
おおっそれは知りませんでした。
地方公共団体が交付するのかなあと思ってました。
税務署に行ってもらってくるんですね。
誰かに教えてあげたくなっちゃったなあ
応援♪ぽちぽち凸
2007/09/19(水) 03:08 | URL | 美肌コスメ♪あり #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。