飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国金からの融資の実例

 今回は、国民金融公庫からの融資の実例を紹介してみたいと思います。


借入者は佐藤さん(仮名)

職業は外溝関係の工事を個人事業で20年間営業。年齢50代後半。

果たして融資は受けられるのか・・・・

まずはもう少し詳しく現状を確認してみます。

(現状)
開業より数名の従業員とともに営業してきたが、
事業拡大に向けて新たに従業員を雇い入れ
仕事は順調に受注している。


(借入資金の使途)
今回、新しく従業員を増員したのに伴い、建設機械の代金として
国民金融公庫へ設備資金600万円の融資申し込みを行う


(その他)
これまで国民金融公庫との取引なし。
白色申告をしており、所得金額はほぼ0。
所得税の支払いもなし。



<結果>
希望額600万円に対し、400万円の融資が実行されました。

国金ではここ数カ月の売上高の増加、
今後の事業の展望
事業拡大への融資
などが評価されたようです。


今回のケースですと、
民間の金融機関で融資を受けるのは、かなり難しいでしょう。

しかし、国民金融公庫では
取引の実績がなくても
過去にほとんど所得が出ていなくても
融資を受けることができました。


これを読んだ人は
「えっ、これでも融資が受けれるんだ」
と思われたのではないでしょうか。

融資が受けれるかどうかは、自分ではなく
相手(国金や金融機関)が決めることです。

自分で判断せずに
一度窓口に相談してみましょう。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
クリックするとこのブログのポイントが加算されます。
ランキングのアップは明日の記事への活力になります。
応援よろしくお願いしますm(__)m 
スポンサーサイト
コメント
酒井 さん

こんばんは。
私も応援 ポチ!

融資の件、勉強になりました。
しかし借入に慣れている社長さんもいますね~<笑>
2007/08/20(月) 21:38 | URL | ハッピーさん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。