飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引導を渡せるか?

今日の夕方、税務研究会がありました。

議題は「民事再生」。

その最中にものすごく考えさせられることがありました。

それは・・・・

社長に引導を渡せるのか

ということ。

 税理士はその職業上、顧問先の財務内容は社長よりも詳しく把握しているような場合もあります。

 ですから、会社がどうにもならなくなった時には、民事再生、破産、清算、自主廃業などの進言をしないといけません。

 それをせず、会社の延命だけを図ると、社長の私財をとことん注ぎ込ませることとなります。

 最悪でも会社を整理する資金や、社長が生活できる資金が残っている段階で、引導を渡すことも税理士の役目だと思います。

 確かに、「会社を止めましょう」という言葉は、なかなか言いづらいと思います。

 税理士にしてみれば、自分で顧問先を1件減らすことにもなりますしね絵文字名を入力してください
 
 私自身も顧問先に対して、会社を止めるタイミングを誤らせないようにアドバイスしていきたいと思います。


ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
クリックするとランキングのぺージへ飛び、
このブログのポイントが加算されます。
ランキンクが上がれば、「よ~し、がんばるぞ」という気持ちになり、
明日の記事への活力になります。
応援よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
コメント
こんにちは、ゆうきちです。
酒井さんコメントありがとうございます。

飲食店の内情をよく知っておられるようで、
私がいた会社では経費削減でパート化が進み、残された社員の負担が大きく
それに加えて長時間の勤務、売上は毎年減少、売上を上げようと販促費は増大
全てが悪循環でした。

地方の外食産業は厳しいですね。

それでは、また。
応援ポチ☆
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。