飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業所得と雑所得

 先日アフェリエイトをしている人からメールをもらったのですが、

・アフェリエイトの収入は「事業所得」なのか「雑所得」なのか、どちらに該当するのですか?

との質問でした。

 私からは、
「個別のメールでの質問は受け付けていませんからブログに載せますという回答をさせていただきます」
と回答させていただきましたので、今日はこの質問に答えてみたいと思います。

アフェリエイターさん必見ですよ
まず、なぜ「事業所得」「雑所得」の区分にこだわるのかといえば、

「事業所得」に該当すれば、青色申告することにより青色申告特別控除を受けられたり、損失が発生すれば他の所得と通算できますが、
「雑所得」ではこれらの規定を受けることができないからではないでしょうか。
したがって、この区分については裁判でもよく争われています

では、この「事業所得」と「雑所得」の区分はどうすればいいのか。

インターネットで検索してみると
「税務署に個人事業の開業届を出せば事業所得になります」
「アフェリイエト以外の仕事がなければ事業所得になります」

こういった記事をよく見かけます。

ですが、実際はこれにより「事業所得」「雑所得」の区分をするのは誤りです。

過去の判決をみてみると、
「事業かどうかの判断は、「社会通念」によって行いなさい。」
と言っています。

そこで、この「社会通念」をフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で検索してみました。

社会通念(しゃかいつうねん)とは、人間社会の「暗黙の了解事項」の一つ。 法律のように明文化されていない。

あ、暗黙の了解・・・・・

こんなの、区分できないですよね絵文字名を入力してください

少し長くなってきましたので、
この続きは次回に書きたいと思います。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
クリックするとランキングのぺージへ飛び、
このブログのポイントが加算されます。
ランキンクが上がれば、「よ~し、がんばるぞ」という気持ちになり、
明日の記事への活力になります。
応援よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
コメント
酒井さん、こんばんは!

脱サラの星水谷です。

今日に記事はおっしゃるとおり、稼いでいる
アフィリエイターは気になるところです。
特に最近は女性、主婦の方も多いので、関心をもたれると思います。

もしよろしかったら、私のブログの記事後記で友人として紹介しますが?

シリーズのようなので、タイミングを見てコメントしていただければ紹介しますね。

では、
ランキング応援させていただきました!
2007/07/13(金) 20:04 | URL | 脱サラの星 #-[ コメントの編集]
水谷さんコメントありがとうございます。

この記事は全部で3回に分けて書く予定です。

読んでみて、アフェリエイターさんの為になりそうなら、ぜひご紹介ください。
2007/07/14(土) 10:05 | URL | 生涯税理士 酒井 #-[ コメントの編集]
酒井さん

こんばんは、脱サラの星水谷です。

3回シリーズ楽しみにしています。
今日は応援ポチッだけして帰ります。

では、ぽちっ!

2007/07/14(土) 20:07 | URL | 脱サラの星 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。