飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交際費の税務 5,000円以下の飲食費②

 前回、1人当たり5,000円以下の飲食費については、交際費の範囲から除かれ、損金算入できるという説明をしました。

では、この「飲食費」の範囲を具体的にみてみましょう


Q1.交際費から除かれる飲食費とは、どういったものをいうのですか?

A.交際費等の範囲から除かれる飲食費とは「飲食その他これらに類する行為(飲食等)の為に要する費用」で、1人当たり5,000円以下であるものとされます。
 ただし、その会社の役員・従業員及びその家族に対する者はのぞかれます
 通常は、得意先等を接待して1人当たりの飲食代が5,000円以下になれば、これに該当します。


Q2.レストランのサービス料はどうなるの?

A.通常、飲食等をするために必要な費用であることから、例えば、テーブルチャージ料やサービス料など、飲食店に直接支払うものは飲食費に含まれます


Q3.得意先を飲食店までタクシーで送迎しました。このタクシー代は?

A.タクシー代は飲食代ではありませんので、たとえタクシーで飲食店に行ったとしても、飲食費には含まれず基本的には交際費になります。


Q4.レストランで飲食した後、2次会に行きました。この場合、1次会2次会の合計金額をもとに1人当たり5,000円以下の判定をするんですか?

A.1次会と2次会で、別々のお店に行く場合には、それぞれのお店ごとに1人当たり5,000円以下かどうかを判定します
 ただし、同じ店で2回に分割して代金を支払ったような場合は、当然合計金額で判定します。


Q5.得意先へのお弁当の差し入れは?
A.そのお弁当が、得意先等の業務遂行や行事の開催に際し、得意先等の従業員等によって飲食されることが想定される弁当等なら飲食費に該当します。
 ただし、単なる飲食物の詰め合わせなどを贈る場合は、いわゆる中元・歳暮と変わらないため、飲食費には含まれません。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
クリックするとランキングのぺージへ飛び、
このブログのポイントが加算されます。
ランキンクが上がれば、「よ~し、がんばるぞ」という気持ちになり、
明日の記事への活力になります。
応援よろしくお願いしますm(__)m
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。