飲食店に行けば客数と客単価が気になり、クイズ番組を見たら賞金と源泉徴収が気になる。そんな職業病の税理士が書いているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から税理士試験

今日から3日間は税理士試験

所得税の講師もしていますので、ものすごく気になります

日程
 平成19年8月7日(火)
  午前9時から同11時まで 簿記論
  午後0時30分から同2時30分まで 財務諸表論
  午後3時30分から同5時30分まで 消費税法又は酒税法

 平成19年8月8日(水)
  午前9時から同11時まで 法人税法
  正午から午後2時まで 相続税法
  午後3時から同5時まで 所得税法

 平成19年8月9日(木)
  午前9時から同11時まで 固定資産税
  正午から午後2時まで 国税徴収法
  午後3時から同5時まで 住民税又は事業税

続きを読む
スポンサーサイト

税理士試験⑧

税理士試験8回目

最後は法人税です

【法人税】

 法人税も勉強期間は7か月。所得税と同様に、CS放送を受講していました。
  
 理論は、1週間に4題くらいのペースで最終的には70題くらい覚えました。 最後の科目ということもあり、理論の暗記もなれたものです。前回の所得税の時に理論のアウトプットの練習をかなりしたのもあり、難なく覚えることができました。

 計算も所得税と同じで、5月頃までは個別問題を中心に問題を解き、答案練習の問題で総合問題の練習をしていました。

 法人税は、税法の中で一番勉強の範囲が広いと思われます。ですが、やはり
基本的な項目を落とさないようにすることが一番のポイントです。
それさえ出来ていれば、合格できると思います。

【最後に受験する人へ】
 税理士試験は一年に一度、しかも一科目2時間しかありません。
一年間の勉強の成果を2時間で発揮しないといけません。

 本番では、難解な問題や知らない論点が出たら、頭の中が真っ白になるかもしれません。そんな時は苦しかった時のことを思い出して、絶対に合格するんだという気持ちを持ち続けてください。

試験官の「やめっ!」の合図があるまでは決して諦めないでください。

そうすれば、絶対合格できますから。

ブログランキング
参加しています。クリックが励みになりますm(__)m

税理士試験⑦

税理士試験7回目

今日は所得税です

【所得税】

 私の場合、所得税は実質7か月の勉強で合格しました。専門学校への通学は時間がかかるのと、子供も小さくなるべく家にいたいという理由からCS放送を受講していました。(今はCS放送はなくなってWEBの授業になっています)

 通信教育では、いかに自分のモチベーションを維持させるのかがポイント。一人で家で勉強するため、怠けようと思えばすぐに勉強が遅れてしまいます。

 モチベーションの維持方法は人それぞれです。勉強したくなくなったら、
「合格して自分の事務所が持ちたい」
「合格して人の役に立ちたい」
「先生と呼ばれたい」
「税理士で儲けてお金持ちになるんだ」
「会社の上司に腹が立つから合格して会社辞めてやる」
「合格して友達を見返してやるんだ」
何でもでもいいから、やる気になることを考えてください。
私が勉強したくなくなったときは、上に書いてあるうちのどれかをいつも考えていました。
どれかは秘密です(笑)
  
 話を戻して、所得税法の理論は、1週間に4題くらいのペースで最終的には50題くらいの理論を覚えました。 実はこの年は相続税も受験していたので、両方合わせるとたぶん120問くらいの理論を覚えていましたね。理論については、基本を覚えることも勿論ですが、アウトプットの練習も重点的に行いました。

 計算については、5月までは個別問題だけを解き、総合問題は答案練習の問題だけを3回繰り返しました。この時に間違いノートを作り、間違えたところは、自分で解説を作成し同じ間違いをしないようにすることを心がけていました。間違いノートを作ると、同じような問題でケアレスミスが起こることや、自分の苦手なところが分かるので、ぜひ作ることをお勧めします。

 所得税は勉強の範囲が広いです。試験では基本的な項目を落とさないようにすることが一番のポイントです。まだ試験まで2か月もあります。受験生の人はあきらめずに頑張ってください。

ブログランキング
参加しています。クリックが励みになりますm(__)m

税理士試験⑥

税理士試験6回目ですね。

 今回から3回にわたって、消費税・所得税・法人税について書いてみたいと思います。

【消費税】

 消費税は二度受験しています。1年目は専門学校へ通いましたが2年目は問題集を買ってきて、毎日総合問題を解いていました。1年目は税法初受験ということもあり、税法の理論に馴染めず最後まで理論と格闘していましたね。

 2年目になっても理論のアウトプットをどうしたらいいかよく分からずに悪戦苦闘でしたが、なんとか合格。

 合格した年の、答案練習(試験直前の練習問題)では、計算問題10回中で、7回くらいは納付税額が合うところまで練習しました。

 理論は45問くらい覚えたと思います。45問ということは、専門学校のテキストほぼ全部ですね。
 その時の理論問題が「国等に対する特例」でした。絶対出ないと思われた理論が出ましたが、しっかり覚えていたので難なく解答することができました。

 合格した時の感想としては、ミニ税法と言われる科目は試験範囲が所得や法人などに比べると狭く、受験生のレベルも高いので、理論・計算ともほぼ完璧にこなせるようにしないと、合格は難しいと感じました。

 今年、消費税を受験する人は、ヤマ張りなどせず全部覚える気持ちで試験に臨んでくださいね。

ブログランキング
参加しています。クリックが励みになりますm(__)m

税理士試験⑤

 今日は税理士試験の5回目
今回は、税法の理論暗記について書いてみたいと思います

 この理論暗記、税理士試験の最大の難関なのではないでしょうか
量も多く、法律の条文をほとんど丸暗記しないといけません。ですが、合格するためには必ず覚えないといけないものになります。

 じゃあ、私の場合はどうやって暗記したのかというと

①初めて暗記する理論は、必ず最初に内容を理解する。
 内容を理解しなければ意味がありません。文章の意味が分からない場合は、自分で調べて必ず理解すること。その後に暗記。
 こんなの当たり前と思うかもしれませんが、法律というのはなぜか難解な文章が多いのです。したがって、読解力も税理士試験には必要です。

②文章は読んで覚える
 よく、理論暗記をするときに書いて覚えてる人がいますが、私は書くことはお勧めしません。なぜなら、文字を書くのには時間がかかるから。
 私の場合は勉強時間が限られていたので、ひたすら声に出して読んでいました。
 何度も読んでいるうちに、文章にリズムができてきます。そして、そのリズムに乗って覚えることができます。(これは私だけかもしれませんが)

③リラックスした状態で覚える
 どんな場所や状態で覚えたかと言えば、私の場合は一人でいるときに、寝転がって覚えていました。
 よく通勤や通学時間を使って覚えたって人がいますが、周りに人がいるとやはり気になるもので、私にはできませんでした。また机のない場所で覚えることが多かったので、最終的に「楽な姿勢=寝転がって」になったのだと思います。ベットで横になっていて寝てしまったこともありましたが絵文字名を入力してください

 あまり参考になってないかもしれませんが、この方法で理論暗記をし、合格してきました。
まだ試験まで、3か月弱の期間が残っています。受験生の人は、あきらめずに頑張ってくださいね。

ブログランキング
参加しています。クリックが励みになりますm(__)m

税理士試験④

 今日は、税理士試験の4回目です。
前回は、簿記論・財務諸表論について書きました。
税法の具体的な勉強方法を書く前に、今回は簿記論・財務諸表論と税法の違いについて確認したいと思います。

①簿記論・財務諸表論と税法の一つ目の違いは、税法の受験者のほとんどが、簿記論・財務諸表論を合格しているということです。
「えっ、何がちがうの?」と思われた人がいると思いますので、もう少し詳しく書くと、税理士試験は各科目の合格率が10%前後となっています。この数字だけみると、結構受かるんだと思われるかもしれません。しかし、ここに落とし穴が絵文字名を入力してください

 普通の受験生の場合、まずは必須科目である簿記論・財務諸表論の試験から受け始めます。
ここで、簿記論・財務諸表論の試験を1,000人が受験したとします。するとそのうちの約100人が試験に合格します。次に、合格した100人が税法の試験を受けるのです。すると、100人のうち合格できるのは10人・・・・。

お分かりいただけたでしょうか。
そう、簿記論・財務諸表論の受験者と税法の受験者は明らかにその中身が違うということ。
簿記論・財務諸表論の受験者は初学者も多く、また安易な気持ちで受験する人も結構います。しかし、税法は簿記論・財務諸表論の合格者がさらに上位10%を目指して受験するのですから、同じ合格率10%でも、その中身は全然違うということです。
税理士試験の合格者は毎年約1,000人です。受験者は5~6万人です。
10%合格するなら、毎年5~6千人合格してもよさそうなものですよね;;

②次に二つ目の違いです。それは、税法の試験は法律の試験であるということ。法律の試験である以上は答えは一つしかありません。裏を返せば、答えは法律に書いてあって、それを全部完璧に理解し、覚えた人が合格するということです。したがって、財務諸表論のように内容を理解するだけではダメで、法律の条文を理解した上でそれを暗記しないといけなのいです。

以上が、簿記論・財務諸評論と税法の大きく違うところになります。
次回は、私がどうやって税法を勉強していたのかを具体的に書きたいと思います。

ブログランキング
参加しています。クリックが励みになりますm(__)m

税理士試験③

 今日は、税理士試験の3回目です。前回まで、税理士試験についていろいろ書いてきましたが、今回からは科目別の勉強方法を合格順に書いていきます。

初回は、「簿記論」と「財務諸表論」。
この2科目は必修科目であり、必ず合格しなければいけない科目です。そして、ほとんどの受験者が最初に受験する科目になると思います。

ブログランキング
参加しています。クリックが励みになりますm(__)m

税理士試験②

 今回は税理士試験の第2回目ということで
私がどうやって税理士試験の勉強をしていたのかを紹介します

 まず私が税理士試験を受けようと思ったのが25歳のときでした
当時は建設会社で働いていましたが、バブル崩壊後、建設業界は年々悪くなっていくばかりで、将来的に不安がありました

 そこで、私にも合格しそうな試験はないかと思って探したところ税理士が向いていそうだと思い、建設会社を辞め会計事務所に就職。そして税理士試験の勉強を開始。

 勉強を始めて一番大変だったのが、勉強時間の確保です。

 私の場合、
・当時は子供も小さく一緒に遊んであげたかった
・毎晩お酒が飲みたかった
・仕事で疲れて家に帰った後では勉強する気が起きない
 こんな理由で、これは朝しか勉強する時間がないなと思い、朝型の学習をしていました。

 そして、毎朝5時に起き、7時まで2時間の勉強を続けました。土日は午前中を勉強の時間と決め、お正月などの特別な場合を除きほとんど毎日勉強しました。

 毎日2時間の勉強で、最終的には6年間もかかりましたが税理士試験に合格できた時は、ものすごく嬉しかったですね。

 どんな資格でも同じだと思いますが、最終的には本人のやる気だと思います。


成せばなる 成さねばならぬ 何事も 成らぬは人の成さぬなりけり

ブログランキング2
参加しております。あなたのクリックが励みになりますm(__)m

税理士試験①

毎週水曜日は税理士試験受験者に対して所得税法の授業を行っております。

今回は税理士試験について、少し書いてみたいと思います

ブログランキング2
参加しております。あなたのクリックが励みになりますm(__)m

プロフィール

酒井税理士事務所所長

Author:酒井税理士事務所所長
事務所HP
愛知県一宮市で税理士事務所を開業しています

カテゴリー
おすすめ会計ソフト
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

弥生会計
ブログ内検索
楽天SHOP
お役立ちサイト
相互リンク
相互リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。